まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[内容]

大型台風が接近する中、巨大天然ガスプラント“レガリア”で事故が発生。潜水士・仙崎大輔は、設計主任の桜木らと共に施設へ向かう。だが、救出作業の中、突然爆発が起こり、大輔らは施設内に取り残されてしまう。大輔は知り合ったばかりの第七管区の服部とバディを組み、要救助者と共に無事帰還する道を探るのだが…。一方、海上保安庁本庁では、救助の道を探ろうとする海上保安庁と、国益を最優先とする内閣参事官らが対立。焦燥と憔悴に包まれていた。そして、一人息子・大洋とともに大輔の無事を祈る環菜は…。
[ 2010年9月18日公開 ]


[感想]

初めてみた海猿シリーズ。
金かかってそうな映画。
海上保安かっこよすぎ。
感動させるポイントもわかりやすく、
これまたわかっていながら、感動してしまうパターン。
つっこみどころはありつつも、まぁ恋あり笑いあり、涙あり。

印象に残ってるとこっていえば、伊藤英明がいってた、「怖がり程、潜水士に向いてる」みたいなことをいってたこと。
まぁ口下手ほど営業むいてるというようなことに似ているが、要はあんま向き不向きとか関係なくて、向いてると思うかどうかが大切なわけで。向いてるって思えないなら、向いてないってことで。


スポンサーサイト
[ 2010/09/18 22:13 ] 映画 | TB(0) | CM(27)

ベストキッド2010

[内容]
1985年公開の名作「ベスト・キッド」のリメイク。北京を舞台に、環境に馴染めずいじめられていた少年がカンフーの達人と出会い、心身ともに成長していく姿を描く。監督は、「ピンクパンサー2」のハラルド・ズワルト。出演は、「ダブル・ミッション」のジャッキー・チェン、「幸せのちから」のジェイデン・スミス。


[感想]

すべてが想像通りに進んでいくんだが、それがまた面白い。

ジャッキーチェンがあんなに強い理由がわからん。
昔は何者だったんだろうか。

「弱いもの程、良く吠える。」


とは、よくいうが、納得。


何が納得かというと、弱くない人なんていないってことで、

弱いから強くあろうとするし、強く見せようとするし、

弱いからがんばる。


ジェイデン・スミスは格好よくなりそうだ。




[評価]

★★★☆☆(アクションシーンは好き)







[ 2010/08/23 20:34 ] 映画 | TB(0) | CM(24)

死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書) [新書]

[内容]

出版社/著者からの内容紹介
 哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない。監獄法の改正後、圧倒的に「自由」になった刑務所では、今日も受刑者たちの笑い声が響いている。裁判では頭を垂れるも内輪では「次は捕まらないよ」とうそぶく彼らを前に、何をすれば良いのか。犯罪者を熟知する著者は、彼ら自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。現役の無期囚が塀の内側から放つ、圧倒的にリアルな量刑論。


[感想]

こういった話は、自分が(近いひとが)、
加害者の立場だったら、被害者の立場だったら
罪を裁く人だったら、もっというと死刑を執行する人だったら、
いろいろ悩ましい問題と思うのが正直なところだ。


ただ著者曰く、反省している人なんて全然いないと。


執行猶予付き死刑だとか提案されているが、

似てるけど、服役後数年間たった人にもう一回裁判やるってのはどうだろう。

ていうか、勝手に仮釈放なんか決められたら困る。


最初の裁判で、死刑で5年後にもう一回裁判!みたいなことにする。
全然変わってなければ、死刑だとか。



まぁ、今の刑が軽すぎるのは間違いないみたい。




[評価]>★★★★☆(視野が広がる。)


死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)
(2010/07)
美達 大和

商品詳細を見る
[ 2010/08/10 23:10 ] 読書 | TB(0) | CM(9)

アウトレイジ

[内容]

関東一円に勢力を張る巨大暴力団組織・山王会組長の関内のもとに、一門の幹部が集結していた。その席上、関内は若頭の加藤に、直参である池元組の組長・池元と直系ではない村瀬組との蜜月関係について苦言を呈す。そして、加藤から村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、その配下の大友組組長・大友に“厄介な”仕事を任せる。こうして壮絶な権力闘争が幕を開けた…。
[ 2010年6月12日公開 ]

[感想]


公開初日に見たってことは、2ヶ月前だけど、
今でもその残虐さだけは、しっかりと覚えてる。

ここまでかってぐらい、残虐。


人をそこまで残虐にするものは何か。

名誉だったり、お金だったり、権力だったり。
人を騙したり、裏切ったりしてもそれらを手に入れたくなる。

そんな世の中。

笑いたくなるなー


自分のプライドを捨てる勇気と、
自分の信念をつらぬく勇気。


[評価]
★★★(テンションは下がる。)





[ 2010/08/09 21:21 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

孤宿の人/宮部みゆき

[内容]

岐国、丸海藩――。この地に幕府の罪人・加賀殿が流されてきた。以来、加賀殿の所業をなぞるかのように毒死や怪異が頻発。そして、加賀殿幽閉屋敷に下女として住み込むことになった少女ほう。無垢な少女と、悪霊と恐れられた男の魂の触れ合いを描く渾身の長編大作。


[感想]

本当の「鬼」は誰だ。

人間の本性とか、弱さとか、これでもかってぐらい。


何か人のせいにすることは、知らず知らずのうちにやってしまうことで。


例えば、政治が悪い、会社が悪い。加賀様が悪い。


言い出したらきりがない。


でも、そうやって、人は自分を納得させ、
どんなに自分がおかしいとわかっていても、
自暴自棄にならずに生きられる。


「自責」とは良くいうが、けっこうな人が、
自分があの時怠慢したからだとか、努力が足りなかったとか、
「過去の自分のせい」にする。


それは、事実かも知れないし、間違っているかもしれない。


ただ大事なのは、その事実を受け入れること。


なかなか、簡単なようで難しい。




[評価]

★★★★☆(ほうのその後が気になる。)






孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
(2009/11/28)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


[ 2010/06/28 21:47 ] 読書 | TB(0) | CM(7)
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。