まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > アーカイブ - 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グラントリノ

原題:Gran Torino
監督・製作:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・ローレンツ、ビル・ガーバー
製作総指揮:ジェネット・カーン、テアダム・リッチマン、ティム・ムーア、ブルース・バーマン
脚本:ニック・シェンク
原案:デビッド・ジョハンソン、ニック・シェンク
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーブンス
主題歌:ジェイミー・カラム
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:1時間57分
配給:ワーナー・ブラザース映画

[ストーリー]
アカデミー作品賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶりとなるクリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

[まっちゃんの感想]
チェンジリングの監督やってた、クリント・イーストウッドの主演・監督作。人生楽しんでない?老人の話。ちょっと人生について考えさせられました。家族愛だとかそんなんじゃなく、なんか、こうじわっとくる感じ。
人はなかなか変われない。しかし、人の出会いによって変わることもある。タオやスーと出会った工ウォルト・コワルスキーのように。人が変わるということは、ある意味で、それまでの自分を否定することとなる。況や、歳を重ね、もう死に際となったときにはどうであろうか。工ウォルト・コワルスキーはこれまで、自分の周りのモノに批判的で、自分に対しても許せない部分があった。恐らくは自分に対して許せない部分があるから、周りの人にも許せなくなるのだろう。その許せない部分が何であっても、例え、他人からみれば、どうでもないことでも、その本人にとっては事実であり、許せない部分となってしまう。
それが、何のために人生を生きているかということを考えた場合、どういう死に方をするかという場合、どーでもよくなることなのかもしれない。やはり、人が生きていく理由のひとつは、誰かの役に立つということに他ならない。自分の友達であったり、家族であったりするかもしれない。ただ対象はどうであれ、人に役に立つような生き方が人間本来の生きかたなのかなと思う。仕事も根本はそこで、誰かの役に立つということを実践する術ではないだろうか。

キネマ旬報 2009年 5/1号 [雑誌]キネマ旬報 2009年 5/1号 [雑誌]
(2009/04/20)
不明

商品詳細を見る


チェンジリングもよかったな~
取り替え子(チェンジリング) (講談社文庫)取り替え子(チェンジリング) (講談社文庫)
(2004/04)
大江 健三郎

商品詳細を見る


[まっちゃんのお勧め度]
★★★☆☆
スポンサーサイト
[ 2009/04/29 20:34 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

はじめの一歩

はじめの一歩42巻/森川 ジョージ


[本の内容]
2羽の鷹、臨戦態勢調整中!!
前哨戦を力でぬじ伏せ、ついに世界戦へ辿り着いた鷹村。だが、J(ジュニア)・ミドル級の体重をはるかに超えている鷹村は、骨身を削る厳しい減量を強いられていた。もはや、心身ともに極限状態の鷹村、数々の挑発をくり返すホークに、闘志と怒りは頂点に達しようとしていた!!

[まっちゃんの感想]
たまたまコンビニで鷹村の世界戦の特集版があったので立ち読みしたみた。

鷹村かっこよすぎ。鷹村はでかい会社の息子だったと今知った。

読んだり読んでなかったからな~


鷹村のボクシングの原点なども紹介されている。

会長とのやりとりは涙もの。


自分ひとりで生きるより、誰かのために生きる方が強くなるやろうし、
自分の居場所を見つけることが大切だろうし、
日々の積み重ねが最後にものをいうのもなるほどといったところ。

単行本だと42巻ぐらいからみたい。

[まっちゃんのお勧め度]

★★★★☆(また読み返したい)

はじめの一歩―The fighting! (42) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (2532巻))はじめの一歩―The fighting! (42) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (2532巻))
(1998/04)
森川 ジョージ

商品詳細を見る

[ 2009/04/23 23:39 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

ベッキーの心のとびら

ベッキーの心のとびら

[アマゾンの紹介文]
365日がんばるあなたへベッキーからの手紙。つらいとき、落ち込んだとき、泣きたいとき…胸に響くメッセージ・フォトブック。

[まっちゃんの感想]
ちょっと前にテレビでベッキーの1日みたいな感じでやってて、
べっきーが好きになったので、今回の本も即買い。

つらいときでも笑顔だったり、毎日反省文かいてたり、
スタジオに挨拶したり、友達思いだったり

そんなベッキーが考えていることをまとめたもの。

ほんとにいい言葉がいっぱいでした。

その辺の自己啓発本よりも読む価値ありと思う。

特に、好きなのは、

「笑顔が一番人に似合う」ということ。

すぐつらいときには、いやな気持ちを人に言ったり、
顔に出したりしてしまうけど、やっぱやめた方がよいなと思う。
周りはいやなことがあっても、常にそれが普通の自分として見てるのだから。

そういえば、テレビでやってたけど。
ベッキーは上戸あやと仲いいらしいが、一緒に買い物に言ったときのエピソード。

二人で買い物にいったとき、上戸あやが2つの帽子を買うか悩んで1つ買ったとき、
ベッキーは買わなかった方の帽子をあとで、家に届けたらしい。

あと、ベッキーの家には、上戸あやが好きなアイスが常備されているとか。

まさに、真心。

なかなかできるもんじゃないよな。


[まっちゃんのお勧め度]
★★★★★(絶対買うべき)

ベッキーの心のとびらベッキーの心のとびら
(2009/03)
ベッキー

商品詳細を見る



ほかにも出版してたみたい。こっちも買いたい。

べき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAYべき冷蔵庫―Becky 1st. PHOTO&ESSAY
(2001/11)
ベッキー

商品詳細を見る
[ 2009/04/23 23:04 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

暗愚なる覇者/高杉 良

暗愚なる覇者/高杉 良

[本の内容]
組織は頭から腐る―。磐石を誇る財務基盤に驕った業界最大手・大日生命の経営陣が暴走を始めた。吉原周平は、将来を嘱望される「一選抜」の中堅社員としてニューヨーク事務所に配属された。だが、命じられたのは、社長が海外出張に伴った「特別秘書」の世話。公私を混同し、恣意的人事と恐怖政治に耽るトップ。会社中枢の実態を知るにつれ、吉原の憂いは深くなる。 (amazonより)

[まっちゃんの感想]
サラリーマンは辛いな~。

大企業になればなるほど、トップと現場はかけ離れ、
官僚的に組織になっていくのは世の常なのかと考えさせられる。

確かに、そういった組織というのは、たくさんの人が働く場にとっては、
効率的な組織といえるのかもしれない。

しかし、その組織のトップという人物の影響の大きさは、
中小企業のそれと変わらず、会社の運命を左右することに変わりはない。


大企業になればなるほど、関係部署や上司などのコミュニケーションスキルが
求められるなというのが実感。確かに頭がよくないと立ち回れない。

仕事ができるというのは、単に何かを知っているとかいうだけじゃなく、
いろんな人に影響を与えることができる人が出世するみたい。

トップになる人は、そういった人たちをうまくまとめて、
ひとつの目標に引っ張っていける人がなるべきなんかなと思う。

吉原(主人公)の気持ちもわからぬもない。
ただ、45歳になって、その仕事をやめられるかといったら勇気がいる。
家族もあり、今のままいったら、それ相応の収入も確保できる。
それでも、人としてのプライドがあったり、男としての夢があったり。

自分にこれだけは譲れないもの!というのを若いうちからもっておくべきだろう。

いろんな生き方があっていいと思うが、決して後悔しないように。


それにしても、実話なんかな~と思うがどうなんでしょ?

暗愚なる覇者〈上巻〉―小説・巨大生保 (新潮文庫)暗愚なる覇者〈上巻〉―小説・巨大生保 (新潮文庫)
(2009/03/28)
高杉 良

商品詳細を見る


[ 2009/04/22 23:08 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア

[あらすじ]
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。(シネマトゥデイ)

[感想]
アカデミー賞8部門も受賞したということで、かなり期待してみました。貧困国の現実を知ると同時に、兄弟愛なども垣間見れて、個人的には好きな映画。音楽もかっこいい。まっちゃん自身もバックパッカーでタイやフィリピンなどを放浪したことがあるが、なんか思い出す。実際に、目つぶされた人や、手や足がない人がものごいしてたり、小さな子供が車に群がるのは普通だった。そんなんがまだ、そういった国の現状なんだろうと思う。あの、クイズ番組の司会者はむかつく。やな感じだった。

ちなみにこの映画。ロイターのニュースにすごいことがでてた。

[ムンバイ 20日 ロイター] インドの警察当局は、映画「スラムドッグ$ミリオネア」に出演した女児を、父親が20万ポンド(約2800万円)で売ろうとしたと疑いで捜査をしている。

やっぱすげー


原作は「ぼくと1ルビーの神様」らしい。
ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る


ちなみにこの監督は、ダニー・ボイル。あの『トレインスポッティング』の監督らしい。ちょっとオシャレな映画な感じもした。
トレインスポッティング【廉価2500円版】 [DVD]トレインスポッティング【廉価2500円版】 [DVD]
(2007/03/02)
ユアン・マクレガーロバート・カーライル

商品詳細を見る


音楽も最高。

スラムドッグ$ミリオネアスラムドッグ$ミリオネア
(2009/04/01)
サントラA・R・ラフマーン feat.マドゥミーター

商品詳細を見る

[まっちゃんのお勧め度]
★★★★★(絶対見るべき)

[ 2009/04/21 22:05 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。