まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > アーカイブ - 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

7つの習慣(セミナー)

自己啓発?で有名な「7つの習慣」。そのセミナーを受講した。
内容は本のエッセンスを講師の方が紹介し、いろいろなケースをグループディスカッションしたり、
自分でミッションステートメントを書いたりといった内容だった。

7つの習慣。一言で言えといわれれば、「人を信頼するな!」とえるような気がする。
誰かに何かを期待する。聞こえはよいが、それは依存であったり、
ただ、自分で決断できないことを、誰かに依存しているだけであったりもする。

冒頭に、松井秀樹の座右の銘でも有名な、言葉が紹介され、そこでも
グループディスカッションを行った。

『思いの種を蒔き行動を刈り取り、
行動の種を蒔いて習慣を刈り取る。
習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、
人格の種を蒔いて、人生を刈り取る。』
--サムエル・スマイルス


単純で、あたりまえのことではあるが、考えれば考えるほど、難しい言葉だ。

最初の思いがずれれば、ぜんぜん違う人生になるのかもしれない。
行動に移さなければ、どんなによいことを思っていてもまったく何も進まない。
じゃあ、行動に移せないのはなぜか。
思いが弱いからか、それとも、思いを行動に移すすべを知らないのか。

そんな胸の痛い内容から始まったが、目的意識、緊急重要マトリックスの話や、
パラダイムの転換の考え方など、ディスカッションなどを踏まえ、
わかりやすく、紹介された。

中でも面白かったのが、

「コップの使い方を1分間にかけるだけ書け!」というワーク。

どこかのコンサル会社の面接試験のような問題であるが、
一人でやると、多少の違いはあるが、10個か20個か、その程度だ。

しかし、その後、グループで1分間やってみた。
そしたら、どうだろうか。倍はでた。

たとえば、女の子のが帽子という使い方を考えれば、
耳あてや、めがねなど、発想がふくらむ。

これが、まさに、いろんな人がいるから、組織は強いということではないか。
いろんな人の経験や考え方から出てくる発想からの相乗効果。
同じ考え方ばっかりの人だとなかなか、なかなか見えてこないものも多い。
自分の考え方を当然だとか当たり前だとか思いすぎず、
もっと素直に、いろんな人の考え方を受け入れていこうと思う。


7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィージェームス スキナー

商品詳細を見る



脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
(2009/09/30)
林 成之

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2009/10/26 22:33 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

沈まぬ太陽

[ストーリー]
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。

[まっちゃんの感想]
山崎豊子の原作で、俺が最も好きだった本。一人の男としてどう生きるべきか
といろいろ考えさせられたことを思い出す。
なんか今のJALの現状を予見したような公開日。さすがに映画スポンサーには
最近流行のTV関係はないようだ。
小説の方はもっと強烈に企業のわがままが表現されていたよう記憶する。

恩地と行天。二人は対照的なサラリーマン人生を歩んだ。
映画を単純に見てみると、恩地が最後は勝つというよりも、
行天が勝手に自滅するような形になってはいるが、実際には、行天のようなサラリーマンが
今も昔も多いのが実態ではないかと思う。

どっちがよいのか、悪いのか、単純に考えることは出来ない。

確かに、恩地のように、自分の意思で、自分の信念を貫き、会社のために働く。
そんなことを理想としたいといのはいうまでもないが、実際には、いろんな問題がある。

恩地もそうであったように、自分の信念を貫くことで、家族を悲しませてしまったり、
それは単なるわがままであったり、するのかもしれないと思うと、
自分の信念を貫くというのは、本当に大変なことであると思う。

権力を持つことも、一つの方法としては考えられる。
奇麗事ばっかりいって、何も実態が伴っていない人もいるというのは事実。

しかし、恩地のように、自分の信念を貫き通す人がかっこよく見えるのは間違いない。
また、その信念が大切だというのも間違いないと思う。



小説でも出ててよく覚えているが、動物園の話。
檻の中に、鏡がおいてあって、そこに書いているのは、「Most Dangerous Animal」。
まさにそのとおりだ。。。


3時間20分ぐらいあって、なんと、途中で、10分の休憩が挟まれた。
なんか不思議な感じ。トイレいって、ジュースかってしまいました。
これは、映画館の戦略か?と思ったが。。。


[まっちゃんの評価]
★★★★☆(小説の方がすきだた、渡辺謙はさすが。)






沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
(2001/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る



クライマーズ・ハイ [DVD]クライマーズ・ハイ [DVD]
(2009/10/23)
堤真一堺雅人

商品詳細を見る


↑墜落事故を別の視点から
[ 2009/10/25 13:59 ] 映画 | TB(2) | CM(0)

カイジ

[ストーリー]
自堕落な日々を送る26歳のフリーター伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。そんな彼に金融会社社長の遠藤(天海祐希)は、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧める。その船で奇想天外なゲームをするはめになったカイジは、人生を逆転するための命懸けの戦いに挑む。


[まっちゃんの感想]

まさに今の時代に映画化すべき映画が映画になったという感じ。ちょっと前に蟹工船があったがそれをちょっと髣髴させる。蟹工船が極端な話をすれば、うまくいかないのを、社会のせいにするとすれば、このカイジは、負け犬は負け犬のせいという話で、世の中や周りがどうであれ、勝たなければならないというメッセージ性にとんだもの。しかし、実際には、金がすべてか?というのをメッセージ性として持っているが、どうしても、帝愛のメッセージ性が強い。

 そういえば、ホリエモンもこの映画を絶賛していたみたいだが、おそらく、ホリエモンが好きな人は、カイジがすきなはずだ。ついでに、「ハゲタカ」も。

 映画は、「限定じゃんけん」など、本でもお馴染みのゲームが中心であったが、一番よかったのは、香川照之 演じる利根川の言葉。利根川語録ほしいね。ざわ…ざわ……

「もう少し待って…………」
おまえらは生まれてから何度そのセリフを吐いた…………?
世間はおまえらの母親ではないっ……!おまえらクズの決心をいつまでも待ったりはせん………!




[まっちゃんの評価]
★★★★☆(続編求む。)

逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)
(2009/10/07)
萩原聖人白竜

商品詳細を見る


人生を逆転する名言集人生を逆転する名言集
(2009/10/05)
福本伸行著・橋富 政彦・監修

商品詳細を見る



[ 2009/10/19 22:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。