まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > アーカイブ - 2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレシャス

〔内容〕

ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めたプレシャスは、レイン先生と出会い、文字が読めるようになり、自分の感情を文字で人に伝える方法を知る。そして、劣悪な環境から抜け出そうと戦い始める…。
[ 2010年4月24日公開 ]


〔感想〕

なんとも、胸が締め付けられる映画。

巨漢の黒人少女?の虐待・差別に立ち向かうという映画だ。

胸が締め付けられる映画であるが、あえて言うならば、

どんな自分でも、自分を好きになるということが、いかに大事か。


プレシャスは、虐待や差別を受け、時々、自分がスターのような妄想にふける。
こんな自分じゃないはず。いつか、変えてくれるときがくるだろうと。

しかし、現実は何も変わらず、悪化するばかり。

学校を退学になって、フリースクールにいって、
自分の存在は周りから認められ始める。

巨漢デブでも、黒人でも、受け入れてくる人たちがいる。
話を聞いてくれる人がいる。自分を本当に愛してくれる人がいる。


そこには、自分の存在価値がある。


それに気づくだけで、心は和むし、
自分の駄目なところでも、ちょっとは好きになれる。

ましてや、守るべき人、自分を必要としてくれる人がいれば、
もっと、何かをしてあげたいと強くなれる。

まさに、1人1人がプレシャスなんだ。


〔評価〕
★★★★☆(母役の演技もすばらしい)





スポンサーサイト
[ 2010/04/25 00:39 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

シャッター アイランド

[内容]
1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャック。だが島内に女性患者の姿はなく、島外へ脱出した形跡も見あたらない。いったい彼女は、どこへ行ったのか? 唯一の手掛かりは、彼女が部屋に残した1枚の紙切れ。そこには、「4の法則」と題した暗号が記されていた。

[感想](ねたばれ)

人の思い込みを逆手にとった映画。
やられた!って感じでもないが、ちょっと騙されてしまった。

とはいえ、テディの幻想や思い込みって、誰にもあることかもしれない。

自分が正しいと思っていることは、実は、思い込みにしかすぎなくて、
自分がやってしまったことを正当化するために、いろんな考えが湧いてくる。

それが、人の弱さであって、人のいいところでも、悪いところでもある。

大事なのは、自分を客観的に見る力と、誰でもそういう思い込みということがあるということを、知るということだ。


それがなければ、相手を理解できないし、尊敬もできない。

また、自分が絶対正しいという思い込みで、間違った方向に進みかねない。


自分の信念と素直さのバランスなんだろうか。


[評価]
★★★☆☆(2回目は伏線に注目したくなる)








[ 2010/04/11 15:51 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

マイレージ、マイライフ

[内容]
年間322日も出張し、リストラ宣告を行っているライアン。「バックパックに入らない物は背負わない」がモットーだ。面倒な人間関係を嫌い、出張先で出会った女性とその場限りの情事を楽しむ毎日だ。貯まったマイレージは1000万目前。しかし、その目標を阻む者が現れた。新人ナタリーが、ネット上で解雇通告を行うという合理化案を提出したのだ!
[ 2010年3月20日公開 ]

[感想]

まさに、今だからこそ、受け入れられ、考えさせられる映画。

リストラ宣告人で、仕事第一主義のライアンの、生き方をどう思うか。


家族も何も背負わず、自分はちょっとエリートで、人生を楽しんでいる。
それ自体は何も悪いことではないし、それぞれ個人の自由である。

ただ、何も背負わず生きていくよりは、
何かを背負って生きてくひとの方が、強いような気がする。

それは家族だったり、みんなの期待であったり、様々であろうが。
もっというならば、自分の使命感というものかも知れない。

マイルをためるだけに生きていて、何が残るのか。



[評価]

★★★☆☆(でもマイルは貯めたいなぁ)





[ 2010/04/11 15:31 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。