THE WAVE ウェイヴ まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > THE WAVE ウェイヴホーム > 映画 > THE WAVE ウェイヴ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

THE WAVE ウェイヴ

[内容]

高校教師のベンガーは特別授業週間で独裁制について学ぶクラスを受け持つことに。若くて生徒からの人気もあるベンガーは授業の一環として、生徒に独裁制を体験させようとある提案をした。それは授業中に自分を指導者とした独裁制を行うというもの。最初は嫌悪感を示す生徒たちだったが、やがてこれまでに味わったことのない一体感に興奮していく。そして生徒たちは自らを「ウェイヴ」と名乗って異物の排除を行うようになり…。
[ 2009年11月14日公開 ]


[感想]

何がすごいって、これが実話に基づいているってことで。

いまどき、独裁がどうのこうのとかよくわからんし
ましてや、自分がその中にいることたんか想像だにしない。

というのは、授業を受けてた高校生達もおんなじ気持ちなわけで。

ファシズムの定義はよくわからんけど、
考え方とか同じになるように強制し、違う人を排除すると定義するならば、
似たようなことは、現代の日本にもいっぱいあるような気がする。

KYて言葉はまさに、ファシズム的な考え方のような。
誰にとってのKYなんだ。何で一緒じゃなきゃならないんだ。


でも、自分と考え方が同じ人と一緒にいるのが心地いいわけで、
それ自体は、何も悪いことじゃないし、むしろ自分の居場所を見つけるということは、
そういうことなのかもしれない。

会社にしても、ある一定の考え方や方向が一緒の人が集まっているのは事実で、
というか、それがプラスに働くことも多いと思うし、働いている人の満足度も高いと思う。


じゃあ、何が問題かっていうのは、自分の考え方以外の人を、敵視してしまったり、
排除したりしてしまうことで。
何も、相手と考え方が一緒になる必要はなくて、そういう考え方もあるというぐらいでいいんじゃないか。


自分が正しいと思うことをやってりゃそりゃそれでいいし。
自分が間違いかもしれんし、ほかの人が間違いかもしれなし。

ただ自分が正しいて思ったことをやってた方が楽しいから、そうすればいいと思う。


ま、知らず知らずのうちに、自分と違う考え方の人とは、離れていってしまうものだけど。


[評価]

★★★★☆(人って弱い生き物だ)






ウェイヴ [DVD]ウェイヴ [DVD]
(2010/04/28)
ユルゲン・フォーゲル

商品詳細を見る



[ 2010/06/05 11:25 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。