死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書) [新書]  まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > 死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書) [新書] ホーム > 読書 > 死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書) [新書]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書) [新書]

[内容]

出版社/著者からの内容紹介
 哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない。監獄法の改正後、圧倒的に「自由」になった刑務所では、今日も受刑者たちの笑い声が響いている。裁判では頭を垂れるも内輪では「次は捕まらないよ」とうそぶく彼らを前に、何をすれば良いのか。犯罪者を熟知する著者は、彼ら自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。現役の無期囚が塀の内側から放つ、圧倒的にリアルな量刑論。


[感想]

こういった話は、自分が(近いひとが)、
加害者の立場だったら、被害者の立場だったら
罪を裁く人だったら、もっというと死刑を執行する人だったら、
いろいろ悩ましい問題と思うのが正直なところだ。


ただ著者曰く、反省している人なんて全然いないと。


執行猶予付き死刑だとか提案されているが、

似てるけど、服役後数年間たった人にもう一回裁判やるってのはどうだろう。

ていうか、勝手に仮釈放なんか決められたら困る。


最初の裁判で、死刑で5年後にもう一回裁判!みたいなことにする。
全然変わってなければ、死刑だとか。



まぁ、今の刑が軽すぎるのは間違いないみたい。




[評価]>★★★★☆(視野が広がる。)


死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)死刑絶対肯定論―無期懲役囚の主張 (新潮新書)
(2010/07)
美達 大和

商品詳細を見る
[ 2010/08/10 23:10 ] 読書 | TB(0) | CM(9)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/11 09:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/11 18:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/13 20:19 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/14 18:48 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/15 18:56 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/16 18:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/20 19:01 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/21 19:01 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/23 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。