アマルフィ 女神の報酬 まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > アマルフィ 女神の報酬ホーム > 映画 > アマルフィ 女神の報酬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アマルフィ 女神の報酬

[アマルフィ 女神の報酬]

[ストーリー]
クリスマス目前のローマ。きらびやかにライトアップされた街で、一人の日本人少女が失踪した。これは営利誘拐か? それともテロの序章なのか? 警察の包囲網を撹乱する犯人グループに、一向に進展しない捜査…。様々な想いが交錯する中、全ての鍵はイタリア南西に位置する美しい港町・アマルフィにあった――。そして、そこで外交官・黒田(織田裕二)が見出した事件の全貌とはいったい? 邦画初のオールイタリアロケを敢行し、これまでにないスケールで描かれるサスペンス超大作。フジテレビ開局50周年記念作品。

[まっちゃんの感想]

さすが、フジテレビ開局50周年記念作品と皮肉をいいたくような、素晴らしい映画。
なぜ、「アマルフィ 女神の報酬」がタイトルなのか、よくわからない。
ただ、あのアマルフィのすごい景色で客をつりたかったのか、
それとも、何かしら、向こう側の政府が圧力をかけてきたのか。
確かに、あのアマルフィの景色は、ディズニーにありそうな感じがするぐらいすごい。

景色や風景を映画で見たいのなら、この映画はお勧め。

出演者は、これも、また、フジテレビらしく、織田雄二、しかも福山まで。あと、佐藤浩市まで。
俺には天海祐希のすごさが、まだわからんが、素晴らしいのだろう。

肝心の内容はというと、ハラハラどきどき、サスペンス。
ストーリーもわかりやすく、テンポも速く、眠くはならない。

まるで、ドラマの映画版みたいな印象をうけたのは俺だけだろうか。

主力の登場人物が多いために、なかなか人物描写が深いとこまで、できていないような気がするが、
これは、シリーズ化したいための、いろんな複線なのか。と勘ぐってしまう。

外交官・黒田(織田雄二)がカッコいいのは、間違いない。


しかし、この、アマルフィ。

シリーズ化したいのは、わかるが、タイトルのつけ方考えた方が良かったのではと、
余計なお世話をしてしまうんだが・・・

外交官だけに、海外を転々と、映画化するのか。

次は何だろう。

「エンジェルフォール 悪魔の囁き」とでもなるのか。


[まっちゃんのお勧め度]
★★☆☆☆(はなしとしては面白いか)


アマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラックアマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラック
(2009/07/15)
サントラ

商品詳細を見る


アマルフィアマルフィ
(2009/04/28)
真保 裕一

商品詳細を見る






[ 2009/07/27 23:56 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。