お見合いパーティー まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > お見合いパーティーホーム > 雑談 > お見合いパーティー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お見合いパーティー

お見合いパーティーというものに潜入してきた。
何も知らず、友達についていったわけだが。

出会いというのは、こんなに大変なものなか

有楽町付近の雑居ビル。とりあえずエレベーターに乗るが、
降りた瞬間に男と女の長蛇の列。

やっと順番になり受付をしようとすると、身分証の提示を求められる。
どうやら、年収制限があるもよう。しかも、聞くとジャケット着用が必須とか。
ジャケット着て着ないけど、なんとか入れてもらったところまではいいが、
中に入ると、会場、いっぱいに男と女が座っている。全部で50人ぐらいかな。

あ



予想とは裏腹に、別にお酒とかが飲めるわけじゃないのね。

とりあえず、番号札つけて、プロフィールカードというものを書く。


主な内容としては、

○名前
○年齢
○年収
○身長
○職業
○勤務地
○住まい
○趣味
○デートにどこに行くか。

などなど。女の子も同様なものを書く。


それから、お見合いパーティースタート!

まず、90秒ぐらい、女の子としゃべっていく。
まるで、ベルトコンベアー。
たった90秒で何しゃべったらよいかわからんし、
誰が誰かわからんくなってくる。
それでも、必死に自分をアピールする男たち。(女たち)

俺は途中疲れきって、何も話す気もなくなっちまった。


一通り回り終わったら、インプレッションカード?みたいなものを記入する。
何番の子が気に入っていて、メッセージを紙に書いて、スタッフの人が渡してくれるみたい。

そして、次がまたすごい!

フリートークタイム!という名の、残酷jな時間が始まった。

3分間、男が気に入った女に直接アプローチできるというもの。

当然のごとく可愛い女の子目当てに男共は猛ダッシュ。
しまいには、列まで出来てやがる。

すげー気迫。俺は気迫に圧倒され、棒立ち。とりあえず、空いた席に座ったり。

それが3回繰り返される。

可愛い子はうれしいだろね。可愛い子は。
誰の席にも座らない男もいるので、まったく、誰とも話すことができない女もいるわけで。
あまりにも、残酷すぎる。特に友達ときていて、友達がかわいい女の子。
あまりにも、残酷すぎる。本当に男を探しにきたのはあなただったんじゃないの?
と余計なお世話まで、考えてしまう。

それが3回終わったあと、気に入った人を5人まで書くという、
なんか、すごい確率だなと思いつつ、とりあえず俺も書いてみたわけだが。
誰が何番かということを忘れてしまってたり・・・

5分後、スタッフの人が今日のカップルをアナウンスする。
番号が呼ばれた男の方は、ビルの下で、女の子を待つ仕組みだ。
ていうか、番号呼ばれても、覚えてないこともあるんじゃない?と思いつつ、
結局、俺は呼ばれず・・・ なんだかんだショックだったりするわけで。

その後、男二人でご飯を食べようと外をうろうろしていたら、
会場にいた女の子も探していたようで、とりあえず一緒にいくことに。


いろいろ話を聞いてみると面白い。

一人は、なんと結婚しているらしい。旦那と喧嘩中とかいう状況らしいが、
それにしても、女って生き物は恐ろしい。もう一人はただ単純に男を探しているみたいではあったが。

何回かお見合いパーティーにいっているみたいで色々教えてもらった。

きていた男は、俺と友達が最年少であること。
確かに、女の子もほとんどが年上であった。やっぱみんな本気なのね。
とりあえず、メモを見せてももらったが、
男の年収がメモられ、その他、「はげ」とか「デブ」とか、「いきくさい」とか、
殴り書きされておった。やっぱ女の子はすげーなー。

前に年収3000万円の弁護士と出会って、恵比寿にご飯食べいったが、
ごはんをおごってくれなかったのは、ありえんかったと言っていた。
その後の、コーヒー屋で偉そうにお金を出したのが余計むかついたらしい。


男と女ってのは、よくわかりませんな。


終わったあとも週末になると、主催会社から電話があるのはうっとうしいが、
婚活ブームにちょっとのれたので、よしとするか。

料理合コンや、旅行合コンとかいろいろあるみたいね。



[ 2009/11/15 20:53 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。