クリスマスキャロル まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > クリスマスキャロルホーム > 映画 > クリスマスキャロル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスマスキャロル

[ストーリー]

主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が世にも恐ろしい姿で彼の前に現れ、「お前は3人の亡霊にとり憑かれるだろう」と予言する。それは、幸福な思い出とは無縁のスクルージにとってさえ、人生最悪のクリスマス・プレゼント…。翌日から“過去の亡霊”“現在の亡霊”“未来の亡霊”が一夜ずつ現れ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す。そこで彼が目撃したのは、貧しく孤独な“過去”のスクルージ、富を手に入れる代わりに温かな心を失った“現在”のスクルージ。そして、最後に導かれた“未来”で彼が見た、想像を絶する己の姿とは…?




[まっちゃんの感想]

ディズニーぽいといえばディズニーぽい作品ではあるが、
実際に字幕版をみたら、普通の子供はついていけなそうな気もする。
これを理解する子供がいれば、それはそれですごい。

よく自分の未来、将来をしっかり見据えて考えるとはいうが、
最悪の自分の将来がしっかり見えたら、きついだろう。
でも、自分の将来がみえたら、いろいろ違うはず。
なりたい自分になれていなければ、今を変えようとするし、
なりたい自分になれていれば、今のまま生きる。

博愛主義が正しいとも思わないが、
人に嫌われるのは気持ちいもんじゃない。


というか、初めて、3Dを見た。見たのはIMAXだったが、これははまるね。


[まっちゃんの評価]

★★★★☆(3Dがすごい)


クリスマス・キャロル [DVD]クリスマス・キャロル [DVD]
(2002/11/22)
パトリック・スチュアートリチャード・E・グラント

商品詳細を見る
とっておきの物語 ミッキーのクリスマス キャロル【日本語吹替版】 [VHS]とっておきの物語 ミッキーのクリスマス キャロル【日本語吹替版】 [VHS]
(2001/11/07)
ディズニー

商品詳細を見る
[ 2009/11/29 13:51 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。