カールじいさんの空飛ぶ家 まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > カールじいさんの空飛ぶ家ホーム > 映画 > カールじいさんの空飛ぶ家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カールじいさんの空飛ぶ家

[ストーリー]

冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となったカールは78歳で一世一代の冒険に旅立つ。無数の風船と共に大切な家ごと飛び立ったカールが目指すのは、かつてエリーと夢見た冒険の地だった。
[ 2009年12月5日公開 ]




[感想]

さすが、ピクサー。
内容よし、画像よし。完成度高し。

本当に大事なもんてなんなのだろう。
そりゃ人それぞれ違うし、
むしろ違うことが当然で、
だから、いろんな人が生きていけている。

そんななか、夢、ってのは、
やっぱ、人生にとって大事なもんというのは間違いない。

じゃあ、なぜ、夢を見るのか。

そりゃあ、もちろん、叶えるためだろし、
それに向けて、がんばる日々のためかもしれない。
もしくは、もっと大事な何かのためかもしれない。

やっぱ、夢ってのの、意義というのは、
これも、人それぞれで、
それが人が生きる意味になる人もいるだろうし、
単なる手段に過ぎない人もいるだろう。

ただ、この映画みて思ったのは、
夢は、みるべきだし、
できれば、叶えたい。
(たぶん、ほとんどの夢ってのは本人次第で適うから夢みれる。)
そして、誰かといっしょに、同じ夢みたいもんだ。

でも、それは、手段でいいと思う。

自分が幸せになるために。
誰かを幸せにするために。

本当の目的が夢にかわり、
それに気付けるのが、幸せだということなのかもしれんね。



[評価]
★★★★☆(若い人で最初の10分で泣ける人は、どんなに経験豊富なやつだ!と思った)


カールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュアカールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュア
(2009/12/04)
ホットトイズ

商品詳細を見る



カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)
(2009/11/30)
脚本ピート・ドクターノヴェライズ小島 由記子

商品詳細を見る





[ 2009/12/27 14:19 ] 映画 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mattyan078.blog78.fc2.com/tb.php/75-14e648fc

カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。