マイケル・ジャクソン THIS IS IT まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > マイケル・ジャクソン THIS IS ITホーム > 映画 > マイケル・ジャクソン THIS IS IT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

[内容]
2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート「THIS IS IT」の何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督・振り付けのケニー・オルテガが、死の直前までマイケルが行っていた猛特訓風景とその素顔を収めた貴重な映像の数々を基に構成。あたかも観客が、実現されなかったロンドンコンサートの最前列にいるかのような臨場感溢れる仕上がりになっている。また、舞台上の振り付けから照明、美術、ステージの背景となるビデオ映像の細部にいたるまで、マイケルのステージに対する深いこだわりが感じられる。(作品資料より)
[ 2009年10月28日公開 ]

[感想]
マイケルジャクソンがそんなに好きかどうかといわれれば、
これまであんまりよく知らなかった。

この映画をみて、彼は、すごい人だったと感じる。

映画としては、紹介にあるようにロンドンのコンサートのリハーサルの様子のドキュメント。

なぜ、これほどまでに人(顧客や共演者)を魅了するのか。

ダンスもうまいし、歌もうまいのは言うまでもないが、きっと、それだけじゃない。

マイケルの音楽に関する情熱に他ならないんじゃないか。

観客を楽しませるために、誰よりも真剣に考える。

だからこそ、生み出せる世界観。

それを通じて、伝えるメッセージ。

それは、愛だとか、地球環境だとか、いろいろあるんだろうが、

その思いってのは、マイケルがマイケルである所以なんだろうな。


マイケル語録にこんなものがあるらしい。

絶望に満ちた世界にあっても、あえて夢を追わなければならない。不信に満ちた世界にあっても、あえて信じなければならない

僕は、自然を音にする楽器として、皆に音楽を提供する役を与えられ、幸せで光栄に思う





[まっちゃんの評価]
★★★★★(テンションあがる。)






マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

[ 2010/01/10 13:19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。