人間失格 まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > 人間失格ホーム > 映画 > 人間失格

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人間失格

〔内容〕

資産家の息子・大庭葉蔵はある日、同じ画塾に通うという堀木に出会った。遊び人の堀木の影響を受け、放蕩三昧の日々を過ごす葉蔵。女にも苦労しなかったが、やがてそんな生活に疲弊していく。そして彼は、カフェの女給・常子と鎌倉の海で心中を図るが、自分だけが生き残ってしまう結果に。事件後葉蔵は、子持ちの記者・静子の元に転がり込み、仕事を世話してもらうのだが…。
[ 2010年2月20日公開 ]

〔感想〕

はっきりいって、駄作といいたい。

久しぶりに映画みにいって帰りたくなった。


生田斗真の演技がいいか悪いか別として、
あまりにも若すぎるだろう。

なかなか人間の弱さってのが、表現できていなかった気がする。

ヴィヨンの妻で、浅野忠信が演じてたあの人間の深い部分がまったく見えない。

中原中也なんか森田剛とか、笑いをとりにきているにすぎんやろ。


ライトノベルがはやっているかどうかしらんが、

この脚本と配役はいただけない。太宰が軽くてしかたがない。


せめて、R15指定なんかにして、
もっと濡れ場というか、そういったものをいれた方がある意味楽しめたかも。


それか、もっと、深く掘り下げてほしかった。

女優人はさすがというような感じは受けたが。



だめんず万歳。


〔評価〕

★☆☆☆☆(時間の無駄かも)


斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)
(2000/10)
太宰 治

商品詳細を見る


ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]
(2010/04/07)
松たか子浅野忠信

商品詳細を見る






[ 2010/02/21 15:39 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。