レミーのおいしいレストラン まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > レミーのおいしいレストランホーム > 映画 > レミーのおいしいレストラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レミーのおいしいレストラン

〔内容(ねたばれ)〕

フランスの片田舎。ネズミのレミー(声=パットン・オズワルト)は天才的な嗅覚と味覚を持ち、いつの日かシェフになることを夢見ていた。もちろん、それが叶わぬ夢と知りつつ。人間のキッチンにとって、ネズミは最も嫌われる存在だからだ。しかしある日、古巣を追われた家族と逃亡の途中ではぐれてしまったレミーの前に、彼が最も尊敬する亡き天才シェフ、グストー(声=ブラッド・ギャレット)のゴーストが現れる。グストーはレミーを、パリにある自分が経営していたレストランにまで導いた。ちょうどその頃、グストーの店では、シェフ見習いのリングイニ(声=ルー・ロマーノ)がヘマをしてスープを台無しにしていた。その様子を見ていたレミーは、思わずキッチンに乗り込んで見事にスープを作り直すが、それをリングイニに目撃されてしまう。しかし料理の才能がないことを自覚していたリングイニは、レミーを帽子の中に隠して、彼の指示通りに料理することを思いつく。こうしてレミーとリングイニのコンビの料理はパリのグルメたちを魅了し始めるが、陰険な料理長のスキナー(声=イアン・ホルム)は彼らに疑いの目を向けていた。やがてリングイニは同僚の女性コレット(声=ジャニーン・ガロファロー)と恋に落ち、高まる店の評判とは逆に、リングイニとレミーの仲は次第にぎくしゃくしていった。やがてリングイニの心ない言葉に傷ついたレミーは店を飛び出すが、反省したリングイニのもとにまた戻ってくる。だが、ネズミが料理していた真相が周囲にバレてしまった。そして店には、かつてグストーを酷評した辛口評論家のイーゴ(声=ピーター・オトゥール)がやってくる。彼はレミーの料理に心底感動し、ネズミが料理していると知りながら、リスクを冒して絶賛の記事を書く。このことでイーゴは権威ある評論家の地位を追われるのだが、レミーがリングイニやコレットと新しく開いた店で、おいしい料理を堪能するのだった。






〔感想〕

なんとも考えさせられる映画。


自分の可能性を、いろんな理由で、あきらめてしまう。

ねずみだってあきらめないのに。

親がいうだとか、物理的に無理だとか。


挑戦してもないのに、なんらかの言い訳にしたりしてさ。



辛口評論家も素敵だ。


自分の仕事のプライドにかけて、

たとえ、それが世間的にどう思われようとも、

自分の信念をつらぬく。


評論家だけに、評論家としての生き様がある。



〔評価〕
★★★★★(やっぱピクサー)


レミーのおいしいレストラン [DVD]レミーのおいしいレストラン [DVD]
(2007/11/14)
ルー・ロマーノブラッド・バード

商品詳細を見る
[ 2010/02/21 16:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。