意識的怠慢と無意識的怠慢 まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > 意識的怠慢と無意識的怠慢ホーム > 仕事 > 意識的怠慢と無意識的怠慢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意識的怠慢と無意識的怠慢

無意識的怠慢意識的怠慢という言葉があるそうだ。


意識的怠慢とは、例えていうと、

営業の途中でパチンコいったり、車の中で寝てたり、

仕事中ネットサーフィンばっかりしたり、タバコばっかりすったり。


一見駄目な奴っぽいけど、それは誰が考えても可笑しいし、
間違っていることだと認識できれば、修正は可能である。


もっと駄目な怠慢があって、

それが、無意識的怠慢という怠慢。




例えば、やる必要がまったくないのに、
一生懸命頑張って、やり切る。

やり方がまったく違うのに、
正しいと信じて突き進む。

その行為自体が悪いわけではないかもしれないし、
やっている本人にとっては、達成感もあることかもしれない。


しかし、時間というのは限られていて、
物事の優先順位はやっぱりあって。

物事の優先順位というのは、やっぱり結果であって。


この意識的怠慢がつらいのは、

仕事の効率以上に、その行為を行っている本人が辛くなるという点だ。


その人はほんとに頑張っているつもりでも、
周りからはまったく認めてもらえない。

自分はこんなに頑張っているのにと、ひねくれてくる。


その行為を自分のために行っているんだと、
思ってやるのであれば、それは意識的な怠慢で、
まだ、自覚している分は救いがある。


自分がやっている仕事が、仕事の進め方が、
決して無意識的怠慢とならないように気をつけたい。

だから、俺はネットサーフィンしたり、
タバコ吸いまくったりして、意識的に怠慢を行う。

言い訳か(笑)


↓似たようなことが書いているみたい。


御社の営業がダメな理由 (新潮新書)御社の営業がダメな理由 (新潮新書)
(2006/05/16)
藤本 篤志

商品詳細を見る
[ 2010/02/26 22:22 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。