インプットと実体験 まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > インプットと実体験ホーム > 勉強 > インプットと実体験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インプットと実体験

ブログを毎日書くようになって、
1週間ぐらいたったが、
中身はともわれ、なんとなく続いている。


ブログを書くために、
意識的にインプットを高めているものの、
なかなか、書くネタがない。

新聞や本なんかを読んで、
このことを書いてみようと思うこともままあるけど、
しっかり書こうとすると、時間がかかりすぎる。

ブログを書くという行為は、
必ず、30分以内に終わらせるというルールを作ってしまった。

そんな中、毎日書こうと思うと、
結局は、自分の頭の中に印象に残っていることを書くしかない。


で、インプットと、実体験というわけだ。

インプットには、いろんなものがあると思うが、

たとえば、新聞や本なんかを見たり、
人に聞いたりと、意識すればどんなものでもインプットといえるが、

一番、よいインプットは、実体験に他ならない。

実体験があればこそ、自然と文章も書けるようだ。

なぜなら、そこには強烈な印象が残る。



今日、久しぶりミスドにいった。1年ぶりぐらい。


個人的には、オールドファッションが食べたかったわけだが、

なんか、ポンデリングのバリュエーションばっかりあって、

肝心のオールドファッションがなかった。


ミスタードーナツといえば、オールドファッションじゃないのか?

夜遅くにミスドいったからといって、その商品を切らすのはどうかと思うぞ。


変わるべきところは変わってもよいと思うが、

かえるべきでないとこは、かえるべきでない。


その基準は曖昧だけども、オールドファッションは食べたかった。



でも、ポンデリングもおいしかったから、許す。



といった具合に、実体験なら、すらすら書ける。


やっぱり実際に体験するのが一番やな。



その実体験があれば、いろんな情報に接しても、
自分なりにいろんなことが考えることができるんじゃなかろうか。


ミスタードーナツ 小さな愛の物語〈2〉ミスタードーナツ 小さな愛の物語〈2〉
(1996/06)
ミスタードーナツ事業部

商品詳細を見る
[ 2010/03/02 23:06 ] 勉強 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/03/03 02:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。