日本語は亡びない (ちくま新書) (新書) /金谷 武洋 (著)  まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

ホーム > スポンサー広告 > 日本語は亡びない (ちくま新書) (新書) /金谷 武洋 (著) ホーム > 読書 > 日本語は亡びない (ちくま新書) (新書) /金谷 武洋 (著)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本語は亡びない (ちくま新書) (新書) /金谷 武洋 (著)

[内容(「BOOK」データベースより)]
昨今、日本語の存亡を憂う言説で溢れている。しかし、本当に日本語は亡びるのか?外国語としての日本語は活気に溢れ、学習者は約三〇〇万人に及ぶほど、未曾有の日本語人気に沸いている。インターネット時代の英語の圧倒的優位が叫ばれているが、庶民の間では現在も将来も、日本人の生活語は日本語だけに留まるであろう。庶民に支えられている日本語を見つめることから、大胆かつ繊細に、日本語の底力を徹底的に解明する。

日本語は亡びない (ちくま新書)日本語は亡びない (ちくま新書)
(2010/03/10)
金谷 武洋

商品詳細を見る


[感想]

2008年に売れた、水村美苗『日本語が亡びるとき』に対しての、
いやいやちょっと待て。て感じの本。

読んだ感想。日本語は亡びない。

日本語って本当に難しくて、

尊敬語があったり、謙譲語があったり、
漢字があったり、ひらがながあったりカタカナがあったり。


でも、それだけ、言語に対する愛着ってのは、
歴史をひもといても、他の国の人たちよりも、数段上回っている気がする。
なんの根拠もないが。

こんな小さい島国で、いろんな方言があって、それぞれの地域で愛着がもたれている。


すでにフラット化している日本の中で、方言がすたれないのに、
世界がフラット化したからっといって、日本語や方言がなくなるとは思えない。
楽観すぎか。



というよりも、日本語が亡んだら、日本は亡ぶとも言ってよいのではないか?

本にあるように、日本語は、「地」から目線。

「すきだよ」という日本語は、英語に直すと、「I LOVE YOU」。

日本語は主語がなくても通じるんだ、意味が。

英語のように、「空」目線じゃないんだな。

あいまいでも通じる文化が日本なんだ。



日本のトヨタ生産システムが通用するのは、日本語だからなんだきっと。
相手を思いやる心や、相手の言っていることを理解する力。
それが、自然と日本人にはあるんだ。


だから、日本語がほろんだら、日本の競争力はなくなる。

地方が東京と同じことしても、勝てないように、
日本人が英語圏のひとの真似ばかりしても、勝てないんじゃないかな。

日本人はあいまいだとか、はっきりものをいわないとか言われるけど、
それが、日本人の強さだったり、するのかもしれんね。


そう考えると、日本が金融で弱いのはよくわかる。
このへんは、長くなりそうなんで、またの機会に。



だからといって、英語をはじめとした外国語を学ばないというのは横暴で、
日本のよさをより理解するためにも、日本のよさを伝えるためにも、
学ぶべきだと思う。


英語が苦手な俺は、日本語も苦手です・・・・



それにしても、二人のみゆきの話は、面白かった。
さっそく、宮部みゆきの本かってしまった。



[評価]
★★★★☆(話のねたとしても使える。)


火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
(1998/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る





中島みゆきライヴ! [DVD]中島みゆきライヴ! [DVD]
(2005/03/23)
中島みゆき

商品詳細を見る


[ 2010/03/13 22:14 ] 読書 | TB(0) | CM(2)
英語は、主語、動詞で始まり、言いたいことが明確ですね。
日本語は、最後迄聞かねば分らない。
文化の違いなのでしょか。
[ 2010/03/14 10:12 ] [ 編集 ]
>Barairo

確かに、どっちともいいところもありますね。
文化の違いといえばそんな感じもしますが、
おれには、正直よくわかりませんね。
ただ、日本人なんで日本語を大事にしたいなと思います。
[ 2010/03/14 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。