まっちゃんのブログ。

適当に映画とか、本とか、仕事のこととか。ツイッターアカウントは、mattyan_m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小暮写眞館/宮部 みゆき (著)

[内容]

もう会えないなんて言うなよ。
あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。
講談社創業100周年記念出版

ようこそ、小暮写眞館へ。著者3年ぶり 現代エンターテインメント
第1話 小暮写眞館
 世の中にはいろいろな人がいるから、いろいろな出来事も起きる。なかには不思議なこともある。
第2話 世界の縁側
 人は語りたがる。秘密を。重荷を。
第3話 カモメの名前
 「電車は人間を乗せるものだ。鉄道は人間と人間を繋ぐものだ。だから鉄道を愛する者は、けっして人間を憎めない」
第4話 鉄路の春
 ――僕はこの人を守らなくちゃいけない。


[感想]

心霊写真という媒体を通した、心理描写。
4枚の心霊写真が何を意味するか解決する、サスペンス。
いや、恋愛ストーリーか。


「正義」ほど、人を苦しめるものはない。


宗教を信じる人にとっての宗教。
男は女は悲しましたりしちゃいけない。
しっかりとした教育を受けてる人が立派な人だ。
自分の子供を死なしちゃいけない。


いっぱいある世間の常識。


そこからはみ出したら、その人は駄目なのか。

世間の常識を後ろ盾にした、「正義」という言葉を振り回されれされる程、
振り回す側はゆずらないだろうし、振り回される側は行き場をなくす。

もっと性質が悪いのは、正義を理由に現実から逃げることだ。


男が女を傷つけちゃいけない。そんな世間の常識があるから、
傷つけるかもしれない男は、その正義を守るということで、
女の前から立ち去る。

悲劇のヒーローを演じることで、正義を守ることで、
目の前から逃げているだけなんじゃないか。


そんな正義は正義じゃない。


自分の弱さの言い訳だ。



そんな正義に縛られるより、やりたいようにやればいい。





[評価]


★★★★☆(700Pあるけど、一気によめた)


小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



[ 2010/06/20 07:46 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

インフォーマント!

[内容]

1992年、イリノイ州にある大企業で働くウィテカーは順風満帆だった。33歳にして重役、工場をまかされ、家庭も円満。ところがある日、工場でウィルスが発生。日本企業のスパイから脅迫を受けたと報告した事から、FBIが介入。しかしなぜか録音機を取り付けに来た捜査官に、ウィテカーは会社が違法な価格協定を行っていると告白。その日以来、ウィテカーは巨大企業の内部告発者になるのだが、彼には「隠しごと」があった。
[ 2009年12月5日公開 ]











[感想]


味の素とか出てきて、これ実話に近い話みたい。


まぁ、内部告発ってのは、なんかきれいな感じがするけど、
実際、こんなもんなんだろうなーと思う。


モラルが高い人が通報した!ってのも、実は眉唾ものかもしれんな。

ただ、告発対象の人が嫌いだったり、自分が得することがあったり。


悪いことは悪い。


そんなことを自信もっていえる勇気と見識をもっている人がどれだけいようか。




ちょっと前、食品偽装問題の社長の会見みたけど、
中国産を偽って、日本産としてたらしい。

味は中国産の方がおいしい、安い、安定的に供給できる。
日本産だと、高くなりすぎるし、売れない。

社長は泣いてた。社員のためだって。つぶれるだろうなぁ。

中国産を日本産だといって売ったのは、絶対間違いだろうけど。
日本で加工して日本産だといえばよかったんかな。


なんか、むなしい。


この事件で誰が得したんだろうかなぁ。



[評価]
★★★☆☆(マット・デイモンが面白い。)


[ 2010/06/05 11:52 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

THE WAVE ウェイヴ

[内容]

高校教師のベンガーは特別授業週間で独裁制について学ぶクラスを受け持つことに。若くて生徒からの人気もあるベンガーは授業の一環として、生徒に独裁制を体験させようとある提案をした。それは授業中に自分を指導者とした独裁制を行うというもの。最初は嫌悪感を示す生徒たちだったが、やがてこれまでに味わったことのない一体感に興奮していく。そして生徒たちは自らを「ウェイヴ」と名乗って異物の排除を行うようになり…。
[ 2009年11月14日公開 ]


[感想]

何がすごいって、これが実話に基づいているってことで。

いまどき、独裁がどうのこうのとかよくわからんし
ましてや、自分がその中にいることたんか想像だにしない。

というのは、授業を受けてた高校生達もおんなじ気持ちなわけで。

ファシズムの定義はよくわからんけど、
考え方とか同じになるように強制し、違う人を排除すると定義するならば、
似たようなことは、現代の日本にもいっぱいあるような気がする。

KYて言葉はまさに、ファシズム的な考え方のような。
誰にとってのKYなんだ。何で一緒じゃなきゃならないんだ。


でも、自分と考え方が同じ人と一緒にいるのが心地いいわけで、
それ自体は、何も悪いことじゃないし、むしろ自分の居場所を見つけるということは、
そういうことなのかもしれない。

会社にしても、ある一定の考え方や方向が一緒の人が集まっているのは事実で、
というか、それがプラスに働くことも多いと思うし、働いている人の満足度も高いと思う。


じゃあ、何が問題かっていうのは、自分の考え方以外の人を、敵視してしまったり、
排除したりしてしまうことで。
何も、相手と考え方が一緒になる必要はなくて、そういう考え方もあるというぐらいでいいんじゃないか。


自分が正しいと思うことをやってりゃそりゃそれでいいし。
自分が間違いかもしれんし、ほかの人が間違いかもしれなし。

ただ自分が正しいて思ったことをやってた方が楽しいから、そうすればいいと思う。


ま、知らず知らずのうちに、自分と違う考え方の人とは、離れていってしまうものだけど。


[評価]

★★★★☆(人って弱い生き物だ)






ウェイヴ [DVD]ウェイヴ [DVD]
(2010/04/28)
ユルゲン・フォーゲル

商品詳細を見る



[ 2010/06/05 11:25 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

Life 天国で君に逢えたら

[内容]

1991年、プロウィンドサーファーの飯島夏樹は、ワールドカップに出るため、妻の寛子と世界各国を転戦していた。家賃も払えず、公園に寝泊りするような、ドサ周りの日々だったが、献身的な妻寛子の支えで、オーストラリア大会で夏樹は見事優勝。晴れて結婚式を挙げ、4人の子宝にも恵まれた。それからも夏樹は世界中のレースに出場し、連勝を続けた。ある時、体の異変を感じた夏樹は、精密検査を受けた。検査の結果、肝細胞ガンであることがわかった…。
[ 2007年8月25日公開 ]


[感想]

この飯島夏樹って人の話は、俺がフィリピンのボラカイってとこで、
カイトサーフィンを教えてもらった貴子さんって人から話を聞いたこと。
この貴子さんって人も、確かウィンドのプロで、その後、カイトに転向して、
ちょうど、練習にきてたみたいで、よく一緒に飲みいっててその時聞いた。

こういう映画を見ると、人生ってなんなんだろうなぁと考えてしまう癖がある。
本当の答えなんか見つからないなんてわかっちゃいるけど、もう性癖と一緒で、なおらんわ。
誰にも迷惑かけないし、まぁ、いいか。そんな自分も嫌いじゃない。


自分のために生きるのもありだろうし、
家族のために生きるのもありだろうし、
ほかの誰かのために生きるのもありだろうし。

そんなの別に自由だ。
やりたいようにやればいい。


人は二度死ぬ。っていうけれど、

生きてるってことに感謝しながら、
思いっきりやりたいように生きていけば、
ただそれだけで、ずっとずっと人の心に生き続ける。


と、暗い?けど、こんなことを考えた。


[評価]


★★★★★(やぱ海の男はかっこよし!)






























[ 2010/05/22 18:51 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

「世界の一つだけの花」が嫌いだったけど、見直した!

あの、SMAPの曲。5年前?ぐらいに流行りまくってた曲。

槇原敬之作詞、作曲。

確か、「僕の生きる道」の主題歌だった。

こんな曲が流行る世の中も終わったなと思ったものだ。



「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」

「僕ら人間はどうしてこうも比べたがる?一人一人違うのに その中で一番になりたがる?」


そうやって、個性だなんだといって、競争は悪だなんだとかいって、
挙句の果てには、運動会で手をつないでゴール?みたいなことまでやる始末。

ビリになって足が遅いということに気づいて、もっとがんばるか、
もっと他の得意なことを見つければ、それでいいんじゃないか。



と最近まで、思ってたが、よく歌詞をみてみると、間違いだったようだ。


「その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」


自分がどういう種なのか、そして、それを最大限きれにに咲かせればいいと。


「No.1にならなくてもいい もともと特別な Only one」とかいう歌詞に
騙され、見落としていた、自分に反省。


やっぱ、マッキーはすごいなー。

運動会の徒競走で順位をつけないなどして競争の要素を排除する傾向に対し、槇原はNHK『SONGS』(2008年11月19日放送回[2])やTBS系『月光音楽団』に出演した際に「競争自体を否定する歌ではない」という趣旨の発言をしている。(Wikipedia




[ 2010/05/16 14:48 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)
<PR>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。